【含み益復帰】20210827資産状況について

今週も元気よく資産状況について振り返っていきます!まずは時価評価額から!

含み益に復帰です。まあとりあえず良かったなあという感じ。

今週大きく動いたのは三協フロンテア。ついに含み益が25%を突破しました。 PER は10倍以下とまだまだ割安な状況が続きます(同業他社に比べて)。

某掲示板では、「政府の大型案件を受注した」みたいなことが書かれていました。が、そんなことは私には分かりません。もし本当なら会社の発表を待ちたいと思います。

そうでなくても三協フロンテアは今年、地方自治体と「災害時における物資の供給に関する協定」を立て続けに結んでいます。

三協フロンテアホームページより

ユニットハウスは災害発生時に大きな威力を発揮します。おしゃれユニットハウスを売り出す前、東日本大震災の後にユニットハウスの需要が増したのは記憶に新しいです。

三協フロンテア新卒採用ホームページより

日本は自然災害が避けられません。 その時に発生する需要を見据え、計画的に授業を進めていることが伺えます。

ロードスターキャピタルはまだまだ安定しない値動きが続きます。そして金曜日の引け後に、物件取得の IR が発表されました。

ロードスターキャピタルホームページより
  • 蒲田駅から徒歩1分
  • 角地に建つ視認性の良いビル
  • 比較的新しい駅近のビル

という立地条件の良いビルを取得しているみたいです。

グーグルマップより

また蒲田5丁目といえば、蒲田の地価ランキングで2番目に地価が高いところでした。今回

地価ランキング
蒲田駅の地価公示・坪単価
蒲田(かまた)の現在の地価は、公示地価の平均が119万2333円/m2(2021年[令和3年])、坪単価は394万1597円/坪であり、前年比は-1.27%の下落です。基準地価の平均が81万3800円/m2(2020年[令和2年])、坪単価は269万0247円/坪であり、前年比は+1.95%の上昇です。地価総平均は10

敷地面積が175m2なので、単純計算で

175m2*236万円=4.1億円

価値があるということになります(土地だけで)。

いくらで取得したかはかなり気になるところです。決算が楽しみです。以上、今週の資産状況・振り返りでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました